労働の法律

 世間では新型コロナウイルスによってテレワークが浸透しましたが、すべての職業がテレワークをできるわけではありません。また、テレワーク設備を整えることのできない企業があるとすれば、そこでは業種を問わずに人が家を出て仕事をしているでしょう。一方テレワークが導入されても、企業に拘束されている人もいるかもしれません。

 そのような人にも、そうでない人にも、労働者であるなら労働関連の法律を知っておくのは重要なことだと痛感しました。職場の同僚に、法律関係に明るい人がおり、その人がいろいろ言っていました。辞職を願い出るタイミングは2週間前からでよい、であったり、最高裁の判例を参考にするなら1か月前が望ましい、と。

 知っているのと知らないので大きな差が出てくるのが労働関連の法律です。筆者も、辞職のタイミングは知っていましたが最高裁の判例については初耳でした。皆さんも、辞職するつもりはなくとも、知っておいて損はないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました